瓜田純士の嫁麗子が美人過ぎる?子供はアイドルのアイドリング清久レイア?

関東を代表する元暴力団員で、覚せい剤取締法違反で逮捕後、作家デビューするという特殊な経歴を持つ瓜田純士。

出版した小説はベストセラーになり、現在は作家、YouTuber、格闘家として活動中です。

180cmを超える長身の瓜田純士は、全身と顔面にタトゥーが入れられており、只者ではない迫力ある風貌をしています。

 

瓜田純士は元暴力団員ということもあって、一般人では全く想像がつかないほどの波瀾万丈な人生を歩んでおり、「アウトローのカリスマ」と呼ばれてきました。

しかし現在は、再婚した妻との仲睦まじい様子をSNSで投稿したりと、「アウトローのカリスマ」と呼ばれてきた姿とは大きくギャップを感じさせています。

今回は瓜田純士と、瓜田純士に大きな変化をもたらした妻についてまとめました!

瓜田純士とは?

瓜田純士は、1979年12月4日に新宿歌舞伎町の花屋で生まれました。

父親は暴走族のブラックエンペラー2代目総長にあたる瓜田吉寿で、母親の瓜田恭子さんは特攻服を着ていたレディースだったという噂があります。

父親は家にいることがほとんどなかったため母親に育てられましたが、母親は仕事で忙しく、更に病弱の長男の世話もあったため、瓜田純士は家庭内で孤独に感じることも多かったようです。

こうした家庭環境が原因だったのか、幼少期のころから不良少年として有名でした。

小学生時代から問題児として有名

小学生時代は子供同士の喧嘩が多い時期でもありますが、瓜田純士は一般的な小学生とは全く違いました。

気に食わない同級生のアバラを折った」「頭を割って転校させた」「モデルガンで撃って失明させた」という小学生らしからぬ噂が様々あり、いじめっ子の枠を超えた素行の悪さで有名でした。

 

また、小学生高学年の頃には「口の聞き方が気に入らない人はトイレに連れて行ってシメた」「同じ年齢なら必ず挨拶させる」「自分が通る道は開けさせる」といったエピソードも。

恐ろしい暴力性を持った瓜田純士は学校中を牛耳り、生徒から恐れられていたことは間違いないでしょう。

家庭にいることは少なかったとされる父親ですが、瓜田純士の小学生時代の行動は、暴走族だった父親の影響を受けているような印象も受けますよね。

 

そして瓜田純士の特徴ともいえる全身タトゥーですが、なんと初めてタトゥーを入れたのは小学生のころでした。

人と同じことが嫌」という理由でその後もタトゥーを増やし続け、現在は顔面にもタトゥーが広がっています。

素行の悪さから転校させられた中学生時代

中学生時代はあまりの素行の悪さに、新宿区の中学校から杉並区立高南中学校へ強制的に転校されてしまいました。

転校したからといって瓜田純士は落ち着くはずもなく、困り果てた学校側は、瓜田純士が修学旅行に行くことを禁止します。

高南中学校の校長が直々に実家まで行き、修学旅行へ瓜田純士を来させないようにと母親を説得しましたが、そんな学校側の思いもむなしく、瓜田純士は修学旅行当日に学校に現れました。

瓜田純士を恐れていた教師たちは、彼がバスに乗ることを拒めず、瓜田純士は他の学生とともに旅行先の奈良や京都まで行って、修学旅行を満喫したのだとか。

そんなやりたい放題が認められていたことからも、いかに瓜田純士の存在が脅威的だったかがわかりますよね。

 

そんな転校先の高南中学校で、瓜田純士は後に関東連合のメンバーとなる松嶋重に出会います。

そこからの繋がりで、「六本木クラブ襲撃事件」の主犯格であり、現在指名手配中の見立真一とも知り合うなど、関東を代表する不良たち交流を深めていきます。

17歳で暴力団員に

そして中学校卒業後は友人とともに土建会社で働きますが、半年ほどで辞めてしまいます。

その後、関東連合の傘下の暴走族梅里スペクターから誘いを受けますが断り、17歳のころに西池袋に総本部を置く指定暴力団、桜成会長谷川組に加入します。

長谷川組では覚せい剤の売人として闇ビジネスで成果を出し、18歳という若さにして若頭補佐にまで出世しています。

また瓜田純士は、揉め事などを請け負う用心棒的組織として供攻社を設立しました。

クラブや民間のトラブルを暴力で制圧し、みかじめ料を徴収するなど、商才にたけた人物でもありました。

覚せい剤取締法違反で逮捕

長谷川組で覚せい剤の売人をしていた瓜田純士ですが、意外にもこれまで覚せい剤を使用したことはなかったそうです。

売人の作業の中で、覚せい剤の味見をしなければいけなかったようですが、違法ドラッグ否定派だった瓜田純士は、味見をせずに覚せい剤を売っていたのだとか。

 

しかし上層部から骨折するほどのヤキを入れられたときに、あまりの痛みに耐えられず、仲間の外国人から痛み止めとして覚せい剤を手渡されて、そのとき初めて使用したそうです。

その直後に、銃刀法違反で警察に逮捕され、まだ身体の中に覚せい剤が残っていたことから、2003年の23歳の頃、覚せい剤取締法違反で懲役3年4ヶ月の実刑判決を受けます。

服役中に自身の小説が評価され、小説家の道に進む

約3年半の服役中、刑務所内で行われた文芸コンクールで、瓜田純士が初めて執筆した小説『mother』が大賞に選ばれます。

5500人もの参加者がいたコンクールで大賞に選ばれたという経験が、その後の瓜田純士の人生を大きく変えるきっかけとなりました。

 

大賞を獲ったことで生まれて初めて賞状を受け取り、自分の小説が評価される喜びを知ったことから、瓜田純士は小説家を目指すようになります。

そして服役中に暴力団から足を洗い、出所後は一般人として堅気の世界で生きることを決めました。

2008年小説家デビュー

瓜田純士は2008年、自伝的小説の『ドブネズミのバラードで小説家デビューを果たします。

この小説は、2010年に俳優の松田悟志が主演を務めて映画化されるほどの反響を生みました。

 

また、2009年には第2作目の小説『ピラニア〜雨の街、俺たちの絆〜を発表、2010年には『泥だらけのありがとうを発表しています。

そして、2014年に発表したノンフィクション小説『遺書』は、当時話題となっていた関東連合の内情について事細かに書かれていたこともあり、世間からの注目を集めてベストセラーとなりました。

この『遺書』がきっかけで、瓜田純士の存在は多くの人に知られるようになります。

格闘家デビュー

2008年には小説家と並行して、地下格闘技で格闘家デビューしています。

アウトローのカリスマと呼ばれた瓜田純士の過去を知っている人からすれば、格闘家としての瓜田純士への期待は大きかったでしょう。

 

しかし瓜田純士は公式試合で全く勝つことができず、引退までの通算成績は1勝5敗という散々な結果でした。

18歳にして暴走族の若頭補佐となった人物が、地下格闘技の世界ではほとんど勝てないということに、世間からは「実は瓜田純士は弱いのではないか」という声があがります。

結局格闘家としての成績振るわなかったため、2012年に引退しました。

2012年再び逮捕

2012年に、タレントのJOYの姉であり、歌がうまいことで有名なソフィア・グリーンウッドを、瓜田純士がプロデュースして歌手デビューさせるという計画が立ち上がりました。

実際にレコーディングなども行われて、順調にスケジュールが進められていましたが、ソフィア・グリーンウッドの所属事務所の許可をとっていなかったため、計画の途中で事務所からのストップがかかり、それに対して瓜田純士は激怒。

ソフィア・グリーンウッドに、「芸能界から消えろ」「家族や事務所ごとつぶしてやる」「弟(JOY)がどうなっても知らない」と脅迫したため、逮捕されます。

しかし実際に刑務所に入ることはなく、無罪放免となって10日で釈放されました。

路上刺傷事件で重傷を負う

2013年10月には、千葉市内で何者かに刺される事件に巻き込まれています。

この事件は瓜田純士を狙ったものではなく、一緒にいた別の人間を狙っていたものではないかと言われています。

現場にいたのは瓜田純士を含めて4名で、1人は首を刺されて意識不明になり、もう1人も軽傷を負いました。

 

瓜田純士は首を刺された知人を守ろうと間に入ったことによって、腹部2か所、肩2か所、左手首は刃物が貫通する大怪我を負い、全て合わせて30針縫いました。

その後、首を刺された知人は意識を取り戻しますが、被害届を出さなかったため、結局犯人は誰なのかわかっていません。

ニュースにもなった大事件ですが、「よくある喧嘩のひとつ」「階段から落ちたようなもの」と、事件から2か月後のインタビューには笑って答えています。

瓜田純士の現在の活動

2012年に格闘技の世界から一旦去った瓜田純士ですが、2018年に再び格闘家として復帰します。

また2016年にはYouTubeチャンネルを開設し、YouTuberデビューも果たしています。

再び格闘技に復帰

瓜田純士は2018年、『瓜田純士に勝ったら10万円』という格闘技イベントにて、再び格闘技に復帰します。

挑戦者同士が戦い、勝ち上がった挑戦者と瓜田純士が対決するも、1ラウンド2分35秒で挑戦者のTKO勝ちという結果に。

この結果に瓜田純士は「もっと真剣に頑張りたい」と決意し、禁酒するなどプライベートから見直して地道に練習を重ねていきます。

 

そして2021年9月にYouTuber朝倉未来主催の大会『Breaking Down』に参戦し、3-0の判定勝ちとなりました。

このイベントで、「これまでネットで、「あいつは弱い、口だけだ」と10年以上言われ続けてきた。」「40過ぎて格闘技の素晴らしさがわかり、もう俺は弱くないぞというのを見せようと思ってきた」とコメント。

ネットでは「瓜田を見直した」「今まで格闘技を舐めているように見えていたけど、今回は見違えるような姿だった」と、瓜田純士の評価が高まった試合となりました。

YouTuberとしての瓜田純士

2016年にはYouTubeチャンネル『瓜田夫婦』を開設し、YouTuberデビューしています。

動画の内容は、犯罪を事前に抑制するプロファイリング企画を中心としており、その中でのカメラマンとのシュールな掛け合いも人気を集めています。

他にもYouTubeの動画内では、お年寄りや弱い人を助ける瓜田純士の姿に心打たれる視聴者も多く、これまでの凶悪なイメージを払拭するきっかけにもなりました。

 

また視聴者の悩みに答える企画も好評で、「瓜田純士に憧れて、息子が顔面にタトゥーを入れようとしている」という母親からの相談に対する、瓜田流の回答が素晴らしすぎると反響を呼び、現在その動画は130万回を超える再生数を記録しています。

YouTubeでは動画の再生回数を増やすために、サムネイルを大げさにして視聴者を釣る手法がとられがちですが、瓜田純士の場合、サムネイルや動画編集はとてもシンプルで、純粋にトークや人柄で視聴者からの人気を集めているという点でも、YouTuberとして高い評価を受けています。

瓜田純士の嫁が美人?

瓜田純士はこれまで3度離婚しており、4人目となる現在の妻、麗子さんとは2014年に結婚しました。

夫婦で行動を共にすることが多く、SNSやYouTubeに登場することもあるため、世間に顔が知られている人物でもあります。

写真や動画で見る限り、麗子さんはハーフ系の整った顔立ちとモデルさながらのスタイルで、とても美人な女性であることがわかります。

 

麗子さんの年齢は公表されていませんが、見た目は若く、30代くらいに見えます。

麗子さんには瓜田純士と結婚する前に出産した子どもが2人おり、1人目の息子が1996年生まれ、娘は1999年生まれです。

25歳の息子と22歳の娘がいて、麗子さんが15~16歳で1人目を出産したと仮定しても、現在の年齢は40歳は超えています。

 

一部では2021年現在の年齢が47歳だと言われているようですが、本人から公表されているわけではないので、正確な情報とは言い切れません。

40歳を超えているとは思えない若々しい容姿の麗子さんは、アウトローな瓜田純士ととてもお似合いですよね。

瓜田純士と嫁の馴れ初めは?

2人が出会ったきっかけは、新宿2丁目の交差点に佇んでいた瓜田純士に、麗子さんがぶつかってしまったことだったそうです。

当時のことを瓜田純士は「女に背後からタックルされたのは初めてだった」と話していますが、麗子さんは意図的にタックルしたわけではなく、偶然ぶつかってしまっただけだったそうです。

 

その時は2人ともお酒に酔った状態で、ぶつかったことがきっかけで会話が始まります。

話の中で共通の知り合いがいることが判明し、なんとその共通の知り合いの名前が瓜田純士の身体のタトゥーに彫られていたことで更に話が盛り上がり、その後2人は交流を重ねていきます。

 

街中でぶつかるというマンガのような出会い方ですが、知り合いの名前をタトゥーで彫っていたという偶然にも驚きますよね。

順調に仲良くなっていったのかと思いきや、当時の瓜田純士は麗子さんに全く心を開いていなかったそうです。

人間不信だった瓜田を変えた妻

麗子さんと出会ったころの瓜田純士は、幼少期からトラブルの多い人生を歩んできたせいからか、極度の人間不信でした。

特に女性のことは一切信頼しておらず、近づいてくる女性はハニートラップじゃないかと常に疑い、「女を人間だと思っていなかった」と話しています。

 

これまで3度の結婚と離婚を繰り返してきた瓜田純士ですが、3回とも恋愛の末に結婚したわけではなく、「結婚した回数が多ければ、自分のアウトローという肩書に箔がつく」と考えた結果だそうです。

結婚相手の女性とは「まるで暴力団の親分と子分のような関係だった」と振り返っており、男女の対等な関係を築いていなかったのだとか。

 

麗子さんにもこれまでの女性たちと同様に接し、手を繋ぐことはもっての外で、隣に並んで歩くことすら許されなかったとインタビューで明かされています。

しかし人情深い麗子さんと一緒に過ごしていく中で、これまで女性に対して感じたことのない愛情が芽生えていき、結婚に至ります。

結婚後の瓜田純士

結婚後に一度、麗子さんに手をあげてしまったことがあるそうです。

しかし、麗子さんは逃げ出さずについてきてくれたことから、「俺も気持ちに応えてまともな人間にならないと」と反省し、更に深い絆で結ばれたそうです。

麗子さんはこのときの暴力について、「私は足腰が強いのであの程度では逃げない。後悔する人生の方が嫌だから、結婚したからにはやれるだけのことはやりたかった」と明かしており、とても肝が据わった性格であることがわかります。

 

結婚するまでは短気で後先考えず喧嘩をしていた瓜田純士ですが、麗子さんと結婚したことによって、性格は一変しました。

妻の麗子さんは料理上手のため、愛妻料理のほうが美味しいという理由で、外食することがなくなったそうです。

そして、「無駄金を使うから」と外出も少なくなっていき、仕事で外に出る以外は麗子さんとともに自宅で過ごす引きこもり状態なのだとか。

 

また結婚後は性格が穏やかになったといい、「愛する妻と喧嘩をしたくない」とも話しています。

しかし一緒に過ごす時間が長い分、口喧嘩は週5日のペースであるそうで、麗子さんに口喧嘩で勝つことはできないため瓜田純士から謝ることのほうが多いようです。

 

結婚前のインタビューや動画と比べても、これまでの暴力性を感じる雰囲気は削ぎ落とされ、現在は話し方や受け答えも丸くなったような印象を持ちます。

麗子さんとの出会いが瓜田純士を変えたのは間違いないでしょう。

瓜田麗子の仕事は?

麗子さんの若々しく派手な見た目は芸能人のような雰囲気も感じさせますが、麗子さんは一般人であり、特定の仕事をしている様子がないので、専業主婦だと思われます。

麗子さんが過去に投稿したブログにも「私は主婦」と綴られていました。

 

YouTubeのチャンネル名は『瓜田夫婦』ですが、メインで出演するのは瓜田純士で、麗子さんの登場頻度は多くないので、麗子さんの職業をYouTuberとは言えないでしょう。

また、瓜田純士とともに雑誌のインタビューに答えることはありますが、麗子さんが単独で雑誌などに登場することはないので、あくまで瓜田純士と一緒の場合でのみ、表立った活動をしているようです。

瓜田麗子の過去

麗子さんの幼少期は身体が弱く、入退院を繰り返すほどだったそうで、現在はダイエットや健康管理に気を配っていることが麗子さんのブログで明かされています。

また、幼いころから母親がいない家庭で育ち、現在は義理の母である瓜田恭子さんのことが大好きだと話しています。

瓜田恭子さんからは「ひよっけ」という愛称で呼ばれ、お揃いのアウターを着たり、誕生日を一緒に祝う写真などもSNSで公開されており、義家族とも良好な関係を築いています。

 

そして過去の瓜田夫婦のインタビューでは、麗子さんは「接客業の経験が長かった」と明かされています。

瓜田純士から麗子さんは「頭が良くて空気を読む能力に長けている」と言われているので、まさに接客業に向いている性格のようです。

過去の仕事について詳細は語られていませんが、麗子さんの見た目や性格、インタビューでの受け答えなどから、ホステスなどの華やかな世界で働いていたような雰囲気を感じます。

 

また、出身は大阪であることが明かされていますが、瓜田純士によると麗子さんの関西弁は「おっとりとしていて京都の人っぽい」そうです。

上京後も環境の違いで生活に困ることは特になく、「関西のよしもと芸人さんたちが東京に進出したあとのタイミングで上京したから、「君の関西弁いいね~」と東京で出会った人たちにすぐ溶け込めた」と話しています。

瓜田純士に子供はいる?

瓜田純士のSNSやYouTubeには、たびたび娘とされる女性が登場します。

こちらの女性は瓜田純士の実の娘ではなく、前述でも触れた麗子さんの前の旦那との娘です。

義理の娘はアイドリング!!!の元メンバー

麗子さんの娘である清久レイアは、アイドルグループのアイドリング!!!の元メンバーでした。

2014年に学業に専念するという理由でアイドリング!!!を卒業し、芸能界からも引退しています。

 

しかし「学業に専念」は表面上の理由で、本当の理由はマネージャーとのトラブルとも言われています。

このことに関して瓜田純士はSNSで、「見てるか無能なジャーマネ。俺のカワイイ子猫が世話になったらしいな。道端で会わないようにしろよ」と攻撃的な発言をしたことでも話題に。

 

他にも、清久レイアのアイドル卒業と瓜田夫妻の結婚が同時期だったことから、「母親が元暴力団員と結婚したからアイドルを辞めさせられたのではないか」と、ファンの間では噂になったようです。

清久レイアは現在芸能活動はしていませんが、2021年10月にYouTuberデビューしています。

現在の妻との間に子どもはいない

瓜田純士と麗子さんの間には子どもはおらず、現在は夫婦とペットの猫と暮らしています。

瓜田夫妻が仲が良い様子は周囲からは一目瞭然で、今後も子どもは作らずに2人の時間を楽しんでいくのかもしれません。

 

過去に結婚していた相手との間にも、子どもがいたという情報はありません。

瓜田純士は麗子さんの長男とも交流があり、2人の義理の子どもを我が子のように可愛がっているようです。

 

激動の人生を歩んできた瓜田純士は、暴力団員時代は「自分は恋愛や結婚はしない」と思っていたそうです。

しかし麗子さんとの出会いで人としての幸せを掴み、今では「妥協してでも、生涯を一緒に歩める異性がいたほうがいい」と話しています。

これまでは人々から恐れられてきましたが、結婚してどんどん人間味ある男性になっていく姿に世間からは好感が持たれており、今後の瓜田純士にも期待されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました