一条響の整形を告白?整形箇所と総額費用が凄い!

年間7億円稼ぐと言われている歌舞伎町ナンバー1の人気キャバ嬢、一条響。

モデルとしての一面も持ち、今ではキャバクラの男性客だけではなく、完璧なビジュアルに憧れる女性ファンも多いです。

今回は、一条響の謎に包まれた生い立ちや、気になる顔の整形について調べました!

一条響の生い立ち

キャバ嬢として人気の一条響の過去が気になるところですが、本人の口からは生い立ちについて詳しく語られたことはありません。

 

有名キャバ嬢であるため、個人情報やプライベートな情報を明かすと、家族や親戚に被害がある可能性も考えられますよね。

そういったことを避けるために、過去を明かさずに活動する有名人も多いです。

唯一家族として公開されているのは2匹の愛犬でした。

一条響はギャルモデル時代、竹内眞佑子として活動?

キャバ嬢として人気に火がつく前は、ギャル雑誌のJELLYの公式ブロガーモデル「竹内眞佑子」として活動していたという噂が流れています。

一条響の凍結される前のツイッターが「竹内眞佑子」と同じであったり、他にも共通点があるため、信ぴょう性が高いです。

竹内眞佑子の生年月日も「1992年9月9日」と一条響と全く同じであり、2人が同一人物という説は信憑性が高いものに感じますね。

竹内眞佑子が東京都出身と言うことや、後述でも触れますが夜の世界で働く友人の誘いで六本木で働きだしたというエピソードがあることからも、一条響は東京都出身であることが考えられます。

 

また、キャバクラで働くと親に話したときは特に反対はされず、「楽しそう~」と反応されたそうです。

また、「ぶっ飛んでる親だから、お客さんに話せば盛り上がる」そうで、身内ネタを話してお客さんとの距離を縮めるきっかけにしているのだとか。

10代の頃に遊びつくした」とインタビューで話していたので、子どもにあまり干渉しない自由な家風かもしれませんね。

一条響がキャバ嬢になったきっかけ

キャバ嬢になったきっかけはごくありふれたもので、友達に夜の世界に誘われたことでした。

周囲にキャバ嬢として働いている友人が多かったことから抵抗はなく、なんとなくの流れで始めたとインタビューで答えています。

一条響は最初、六本木「舞人」で勤務

一条響がキャバ嬢として初めて働きだした場所は、六本木の舞人(まいと)というお店でした。

しかし、遊ぶためのお金を稼ぐ目的で軽いノリで始めたため、勤務も週に1度のペースでした。

 

当時の一条響はギャルで、キレイ系な女性が多い六本木のお店は馴染めず、あまり真面目とも言えない勤務態度だったそうです。

 

最初は頑張らなくても、太客と言われるお金をたくさん使ってくれるお客さんが来ていましたが、すぐに指名が少なくなります。

そんな時期に接客態度についてお客さんから怒られたことがきっかけで、真剣に働くようになったそう。

18、19歳の間で遊びつくしたおかげで、プライベートを捨てて本気で仕事に向き合うことができたと話しています。

その後仕事に本腰を入れるべく、六本木のビゼというお店に移籍し、常に上位1~3位の安定した成績をキープし続けます。

六本木から歌舞伎町「セリュックス」に移籍

六本木で4年程働き、お客さんからの勧めもあって、22歳の頃に新宿歌舞伎町にあるセリュックスに移籍します。

 

当時は「六本木で有名な子がくる」と、歌舞伎町内で話題になったそうです。

プレッシャーでやりづらく感じたこともあったようですが、持ち前の負けず嫌いな性格で乗り越え、なんと歌舞伎町に移籍して約2週間で3000万円の売り上げを記録します。

定休日以外は短い時間でも毎日出勤することを心掛け、歌舞伎町でも着実に固定客を増やしていきました。

フォーティーファイブに在籍

現在は、人気実業家の愛沢えみりが在籍していたフォーティーファイブに在籍中です。

イベントなどがない日でも2000万円も売り上げ、歌舞伎町でナンバー1と言われるキャバ嬢となりました。

一条響の整形前と整形後の画像は?

一条響は整形を公表しています。

整形前の顔もネットでも有名ですよね。

少し前の渋谷にいそうな、ありふれたギャルといった印象です。

巻き髪と濃いメイクで顔のパーツが強調され、今よりも太っていることがわかりますね。

整形だけで現在の美貌を手に入れたとも思えません。

きっとダイエットなど相当努力したのではないでしょうか。

一条響の整形をカミングアウントした理由

一条響は過去に、深夜帯に放送された「じっくり聞いタロウ」というバラエティ番組で、整形していることを公表しています。

また、以前から自身のSNSに寄せられた整形に関する質問にも答えていたりと、整形についてとてもオープンであることがわかりました。

 

本人は「整形は隠すつもりはない」、「いつか(整形について)詳しく話す機会を作りたい」と話していました。

また、「整形をしてよかったですか?」というファンからの質問に、「はい、可愛いは正義!」とさっぱり答える姿にも好感を持ったというコメントも多かったです。

一条響の整形箇所はどこ?

一条響は、目、鼻、歯、口の整形を明かしています。

顔のパーツほとんどを整形していることになりますね。

チャームポイントである大きな目は、目頭を1mm切開、二重切開、涙袋にヒアルロン酸をいれています。

一条響はいわゆる「整形顔」ですが、彼女に憧れて整形を考える若者も多いようです。

一条響は輪郭を整形して小顔になった?

輪郭についてはHIFUをしていて、現在は顎下のみ施術しているようです。

HIFEとは皮膚のたるみを引き締める治療で、顔のリフトアップに効果的と言われています。

骨を削る手術はしていないと話し、骨格はもともと綺麗だったということがわかりますね。

まるで人形のような驚異的な顔の小ささですよね。

お酒を飲むお仕事なのでむくみが付き物かと思いますが、完璧な状態を維持し続ける姿に彼女のストイックさを感じます。

一条響の整形費用は総額いくら?

一条響は整形にかけた費用を答えていませんが、これまで出ている情報から推測してみました。

  • 二重全切開:約30万円
  • 目頭切開:約27万円
  • 唇・涙袋ヒアルロン酸:約20万円
  • 鼻尖部軟骨移植:約50万円
  • M字リップ:約40万円
  • 歯のセラミック:約150万円

上記は公開されている美容外科の価格表や、一般的な整形手術の費用を参考にしたものです。

あくまで推測になりますが、整形費用の総額は少なくとも320万円以上はかかっていると考えられます。

 

中でも一番高額なものは、やはり歯のセラミックです。

写真や映像を見る限り全ての歯をセラミックにしているようで、セラミックは安いものは1本2万円から、高いものだと10万円以上します。

1本5万円で30本セラミックにしていると仮定すると150万円ですが、実際はもっと高価なセラミックにしている可能性が高そうですよね。

 

また、整形はメンテナンスも必要になってくるので、整形にかかる総費用としてはまだまだ更新されていくのではないかと思います。

ちなみに、毎月の美容代は100万円以上かかっていると話しています。

一条響が整形した美容外科はどこ?

一条響が動画で整形した美容外科を明かしています。

  • 目: 韓国
  • 鼻:VENUS BEAUTY CLINIC
  • 歯:西新宿デンタルクリニック

有名人がここまで自身の整形情報を公開するとは、珍しいことですね。

韓国は安価で整形できることで有名ですが、一条響ともなると安さよりも完璧な仕上がりを求めると思いますので、韓国でも技術力も値段も高い美容外科で手術していると思われます。

二重切開と鼻尖部軟骨移植の手術を担当したVENUS BEAUTY CLINICの室孝明医師は、現在福岡のビスポーククリニックで勤務されているようです。

一昔前までは、整形は隠すものというイメージが強かったですよね。

しかし最近は整形を公表する有名人が増えてきて、一般の若い女性から多くの支持を得ているように思えます。

整形とはいえ美しくなっている人を見ると、自分磨きのモチベーションにも繋がりますよね。

証拠に、一条響の整形には批判の声は少なく、ネットでは彼女に憧れる声が多いです。

 

現在29歳の一条響は、キャバ嬢としては決して若いとは言えないでしょう。

しかし、バースデーイベントでは3日で1億円売り上げるなど驚異的な記録を生み出しています。

整形前の姿はとても親近感が湧くものでしたが、これほどまでの人気キャバ嬢になるには、整形だけでなく影の努力も大きいのではないかと感じました!

 

最近ではまつエクサロンの経営にも乗り出し、自身が勤めるキャバクラでもディレクターとして携わるなど、マルチに活動しています。

更なる飛躍を遂げる、一条響の今後が楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました