春木開の仕事は?神戸大学で年収と経歴が凄い件

若くして「キャバ王」「実業家」「インフルエンサー」などといくつもの肩書きを持つ春木開(はるきかい)さん。

「一体何者なの?」「どうやってこんなに稼いでいるの?」と思われる方も多いと思います。

仕事だけではなく、私生活も謎に包まれている春木さんの仕事や年収、経歴などくわしく調べてみました。

春木開の仕事は?

春木さんは、「インフルエンサー」「キャバ王」「ポジティブクリエイター」と称されている一方で、若手実業家としても注目を集めています。

いろいろなビジネスを手掛けていますが、大きく4つに分けて紹介します。

①オンラインサロン「カイサロン」の運営

春樹さんは、ポジティブになるオンラインサロン『カイサロン』を運営しています。

 カイサロンの内容

  • 非公開Facebookグループ内での思想・持論共有や質疑応答
  • メンバー同士の交流
  • 定期開催(12回/年)のさまざまなジャンルで語るセミナー
  • 定期オフ会
  • ブランディング形成
  • 事業コンサルティング
  • 人材マッチング
  • 独立開業支援

春木さんは多くのビジネスで成功を収めているので、彼の思考を学びたい、ビジネスを立ち上げ結果を残したいという方は気になるセミナーですよね。

また、春木さんが学生時代に起業したこともあり、学生の参加者には特に熱い思いがあるようで、カイサロンの公式HPで次のように話しています。

会社は優秀な学生が死ぬほどほしくて、学生はいい感じの会社に就職したり、いい感じの起業家から出資されたいと思ってる。
このマッチングはKAISALONがやるしかない。
「学生」の括りで集まると同い年なのにとっくに行動している人を目の当たりにして「悔しい僕も頑張る」 と言ってる声なども聞けてとても刺激的かと思います。
自分も大学中に起業することになり、きっかけはやはり環境と人でした。
人生の中で一番時間があるといっても過言ではない大学生活の中で情報をとりにいくことが一番大切。
友達と1日居酒屋で飲むお金があるならば学びに投資しよう。

自分の持っているノウハウをやる気のある人に伝えていきたいという春木さんの思いが伝わりますね。

②「キャバ王」としての収入

春木さんといえば「キャバ王」と称されますが、実は春木さん自身も「自分でもキャバ王が何かわかっていません」と話しています。

春木さんは「キャバ王」としての仕事は「ゲスト出演」だと言い、全国のキャバクラにゲスト出演し、SNSでキャバクラをPRしたりすることで、宣伝費としてお店から謝礼をもらっています。

元々キャバクラに興味を持っていた春木さんは、キャバクラを通した仕事がしたかったそうですよ。

③経営などのプロデュース業

春木さんは実業家で、ネイルサロンやスワロフスキーショップ、高級スパ・レストランバー、美容クリニック、カラオケバーなどを経営したり、シャンパンのプロデュースを手掛けています。

高校時代から春木さんは「お金を稼ぎたい」と思っていて、経営者になる決意したそうです。

①ネイルサロン

起業すると決めて、春木さんが最初に始めたのがネイルサロンで、神戸大学在学中にアルバイトをしてお金を貯め、知人と共同経営で始めました。

キャバクラ関係の知り合いが多くいたためで、オープン当時はそれまで培った人脈で顧客を獲得していました。

現在こちらの事業からは撤退されています。

②スワロフスキーショップ

大学卒業後は、スワロフスキーショップ『Radiant(ラディアント)』を始めたことが成功し、全国10店舗ほど経営していました。

スマホケースなど、いろいろなものをスワロフスキーでデコってくれるショップでしたが、キラキラブームも去ったのか、残念ながら2019年11月に閉店してしまいました。

③高級スパ

春木さんはリラクゼーションエステサロン『EXE SPA(エグセ スパ)』を経営しています。

エグゼスパは大阪心斎橋に1店舗あり、完全個室で高級感を演出したリラクゼーションスパです。

④レストランバー

春木さんは、レストランバー『Lux-Ria(ルクスリア)』を経営しています。

ルクスリアは、ラグジュアリー空間をテーマにした飲食店で、大人数で非日常的な空間で騒ぎたいという方や女子会などにおすすめで、大阪心斎橋に1店舗あります。

店名Lux-Ria(ルクスリア)
所在地〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋2-1-8 藤田ビルB1
電話番号06-6211-8891

⑤美容クリニック

春木さんは美容医療事業を行っていて、南青山に『ハーブビューティークリニック』を構えています。

このクリニックは美容皮膚科が専門で、アートメイク・痩身・シミ取り・脂肪吸引・医療脱毛などの施術を受けることができます。

春木さんのSNSでのフォロワーを中心に、集客できているようですね。

⑥カラオケバー

春木さんは、新宿・歌舞伎町にカラオケバーを出店しています。

⑦シャンパンプロデュース

春木さんは、『ドラゴンシャンパン』というシャンパンをプロデュースしています。

このシャンパンは、一般的なシャンパンに比べて糖質を3分の1以下に抑えているので、毎日お酒を飲むキャバ嬢の間で人気があります。

さらにデザインにある龍は縁起がいいと喜ばれていて、春木さん本人やドラゴンシャンパンと撮った画像をSNSにアップすることが、人気のあるキャバ嬢の証なんだそうです。

キャバクラなどの仕事をよく知っているからこその発想ですよね。

④YouTuber

春木さんはYouTubeも開設していて、チャンネル登録者数は23万人(2021年10月現在)。

自身の仕事や生活、さらにはドッキリや名言・格言など、春木さんならではの動画を配信して人気を得ています。

更新頻度も高めなので、再生回数も伸びているようですよ。

春木開の年収はいくら?

先にお話したビジネス以外にも、クラウドファンディングによる資金調達や仮想通貨への投資などほかにもさまざまな収入源のある春木さん。

2020年6月に『職業 春木開』も出版していて、その本で得た印税を利用して「印税1,000万円全額還元祭」を実施し、話題となりました。

春木さんの年収(推定)内訳をまとめました。

オンラインサロン『カイサロン』1億6164万円
シャンパンプロデュース2400万円
インスタ企業案件1800万円
レストランバー『ルクスリア』1200万円
美容クリニック『ハーブ』1200万円
本の出版 
1000万円
仮想通貨投資600万円
高級スパ『エグゼ スパ』
480万円
noteで情報販売120万円

約2億5000万の総年収となり、オンラインサロンの収入が約6割占めています。

ここまでの収入を得るまでには、努力はもちろん、商売をする才能、頭の良さや行動力が必要なので、目標を決めて地道に進んできた春木さんには脱帽ですね。

春木開は整形している?

春木さんは、クリニックで二重に整形をしている動画を2020年10月12日に投稿しています。

施術を受ける過程がアップされていますが、二重幅が広がり、腫れもなく目がくっきりと自然な感じに仕上がり、やわらかい印象になりました。

また、歯もセラミックにされているそうで、すごくきれいですよね。

整形していても公言される人はあまりいない中、自分が整形されたことを報告していて、隠されないというのはファンにとってはうれしいでしょうね。

春木開の経歴

春木開の小学校時代

春木さんは岡山県岡山市出身で、地元の公立小学校に通っていました。

決して裕福とはいえない家庭に育った春木さんは、アパートの1階に住み、軽自動車を所有という暮らしをしていました。

風邪をひいたときや、テストで良い点をとったときにマクドナルドを食べることがご褒美で、マクドナルドを食べたいがために仮病を使ってしまい、そのことがバレて買ってもらえなくなったというエピソードを以前話していました。

また、誕生日には家族で回転寿司に行ってお祝いするのですが、値段の高いお皿は選ばず、お母さんには気を使っているのを隠すため、「コーンマヨが好き」と言ってよく食べていたそうです。

気持ちの優しい男の子だったんですね。

春木開の中学校時代

春木さんは、岡山市内の御南(みなん)中学校出身です。

小学校から野球を始め、中学時代も野球部に所属していました。

周りの友達は新しいスパイクを買って履いていましたが、春木さんはスニーカーを履いて練習、休憩中もみんながポカリスエットを飲んでいるとき、春木さんは水道水を飲んでいたそうです。

そんな自分がとても惨めになり、野球は辞めていますが「野球は好きでした」と当時を振り返り、次のように話しています。

「こんな劣等感や惨めな思いをするんだったら、習い事とかはしない方がいい。

やりたいことより、経済的にやれることでしか選択肢がなくて、やりたいこともない方が楽だし、やりたいこともしたいこともないまま、ただ淡々と生きてきた」

その後、家族旅行はなかなかできなかったけど、どうしても福岡ドームで野球を観たいという希望を叶えるため、学級委員長となり修学旅行の行き先を決めることができました。

そのときに「ルールは守る側よりも作る側にいた方が良い」ということを学んだそうです。

春木開の高校時代

春木さんは、岡山県立の共学校・岡山芳泉(ほうせん)高校出身です。

学校岡山芳泉高等学校
偏差値65
所在地〒702-8503 
岡山県岡山市南区芳泉三丁目1番1号
公式HPhttp://www.hosen.okayama-c.ed.jp/wordpress/

高校時代も学級委員を務めていて、部活には所属していませんでした。

高校生活は勉強よりも、アルバイトと遊びの生活を送っていたそうで、そのときのことを次のように振り返っています。

「校則では本当は禁止されていたんですけど、アルバイトができることでした。僕が最初に始めたアルバイトはセブンイレブンで時給650円のオープニングスタッフで働いていました。」

また高校3年生のときに、岡山で初めてのドン・キホーテができたそうで、アルバイトを掛け持ちしていました。

髪の毛も派手だったので、先生には「もう学校に来るな」と言われるほど、落ちこぼれだったそうです。

父親との確執

バイトと遊びばかりの生活を送っていたため、学年で学力の順位が360人中358番だったそうで、そのことから高学歴でプライドの高いお父さんとの確執が生まれ、別居することになってしまいます。

春木さんはお父さんについて、「父親はすごくプライドが高くて、父親自身が高学歴だったので自分の息子がこんなに落ちこぼれになる、理想の子供と違いすぎて父親的にすごく嫌だったんでしょうね。高校に入ったぐらいの時から家庭内別居が始まって。」と話しています。

また進路に迷っていたときのことについては、「大学行こうか、就職しようかみんな決めていくんですけど、僕は何も考えて生きてなくて、大学に行ったとしても、大学行ってどうすんの?って感じだったし、かといって就職も何も考えてないし、夢もないし、目標もないし、希望もないし、本当に何も考えずに生きていた。本当に落ちこぼれでした。」と振り返っています。

そんなとき2年半ぶりに会ったお父さんからは「お前みたいな息子が生まれると思わなかった」と言われ、お父さんは自ら転勤願を出して家から出ていきました。

大学受験へ

お父さんが出ていったことで、元々貧しかった家庭はさらに貧しくなり、弟がツナマヨおにぎりを万引きするなど家庭は荒れてしまいます。

春木さんはこれはヤバいと思い、「お金がすべてじゃないけど、すべてにお金がかかる時代」だとお金を稼ぐ決意をし、経営者を目指して大学受験をするため勉強を始めます。

社長になるために経済学部に進学したいと考え、経済的に国立1本に絞り、関西の経済系の学部で一番偏差値の高い神戸大学への受験を決めます。

しかしそれを先生に伝えたところ「お前なんか受かるわけないだろ」と言われてしまいますが、アルバイトもしながら塾代を稼いで、高校3年生の夏から受験勉強を始めました。

高校時代に一緒に遊んでいた友達とも縁を切り、当時は1日20時間くらいひたすら勉強していたそうです。

その結果、難関国立大学の神戸大学に現役合格しています。

高校生で人並み外れた努力をして、有言実行するなんて、それまでの経験と相当な覚悟がそうさせたのでしょうね。

春木開は出身大学は神戸大学?

春木さんは、神戸大学・経済学部に進学しています。

大学神戸大学
学部経営学部(中退)
偏差値63
所在地〒657-8501
兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1
公式HPhttps://www.kobe-u.ac.jp/

入学後は、学費、家賃、原付の支払いに追われ、三宮の『NIJYU-MARU』という居酒屋で必死に働く日々となりました。

大学では友人ができず、辛い思いをしていたと振り返っています。

「神戸大学って、良くも悪くもずっと真面目に勉強している人が多かったから、俺みたいなM字バンクのギャル男は一人もおらんかった。

だからちょっと距離を置かれてて、出席番号が前の濱田くんと最初はしゃべってたけど、濱田くんにも『君といたら友達ができる気がしないんだ』と言われて距離を置かれて。」

なので、大学ではずっと一人で過ごし、みんなが学食でご飯を食べているときは、一人でトイレでおにぎりを食べていたそうです。

ですが、「これは社長になる夢を叶えるための試練だ」と思い、頑張って大学に通っていました。

夜の世界~起業へ

必死に勉強し経営学部へ入ったものの、春木さんが望んでいたものとは違って、『公認会計士』や、『簿記』『税理士』など、経営者になるためのものではなく、経営に関わる勉強はかりで、「このまま勉強をしていて社長になれるのか」「大学の先生は社長じゃないのにこの人たちから学んだところで社長にはなれない」と考えるようになったそうです。

そんなときにたまたま声をかけられ、大学に通いながらキャバクラのスカウトマンをすることになります。

最初はまったく稼げずにいましたが、大学3年生になる頃にはサラリーマンの給料は超えるくらい稼げるようになっていました。

就職活動を考えていたときに、広告代理店のOB訪問で「楽しいのは大学生のときだけだから、今のうちに遊んでおけ」と言われ、こんな大人にはなりたくないと、起業する決意を固めます。

大学の先生やお母さん、当時付き合っていた彼女にも反対をされましたが、逃げ道を作りたくないからという理由で大学も中退し、周囲の人とも縁を切ったそうです。

春木さんの行動力にはただただすごいとしか言いようがないですよね。

それからスカウトマンをしていたときに知り合った人とともに、ネイルサロンの経営を始め今に至ります。

春木開のマンションが豪邸?

春木さんのSNSに、自宅と思われるお部屋の写真がたびたび投稿されています。

その写真に写っている様子が豪華だったこと、窓から夜景が一望できたことで「高級タワーマンションに住んでいるのでは?」とネットで話題になりました。

また、春木さんのマンションの場所についても、先ほどのSNSの投稿で『Osaka』という文字が綴られていたことから、ネットでは大阪市内という声が多くあがっています。

ですが、春木さんは仕事でいろいろな地域を訪れているので、そのタワーマンションには年に数回ほど帰るだけで、普段は仕事で訪れた場所のホテルに泊まるので、ほぼホテル住まいのようですね。

春木開の愛車は?

春木さんの愛車について調べてみたところ、『ランボルギーニ』と出てきます。

これは春木さんがドバイに旅行で訪れた際に、ランボルギーニに寄りかかった写真が投稿されていたことが発端となっているようです。

投稿されたランボルギーニが、本当に春木さんの愛車なのかはわかっていませんが、春木さんほどの収入であれば所有していてもおかしくはないと思われます。

また、2020年8月14日のYouTube動画に先輩から『6000万のフェラーリをもらった』というタイトルで運転席に乗る様子がアップされています。

先輩が春木さんをイメージした黄金色の車のプレゼントでしたが、春木さんが免許の更新を忘れ、運転できないというオチがついていました。

春木開の資産

ここまでお話してきたように、春木さんは青年実業家であり、インフルエンサーであり、YouTuberでもあります。

春木さんの資産は数百億とも言われていますが、実際のところはわかっていません。

ただ年収は少なくとも億単位と言われていて、とんでもなく高級なお酒を何本も飲んでいたり、豪華な暮らしぶりをされていることから、かなり稼いでいると思われます。

なので、数百億とまではいかなくても、数十億から百億くらいはあってもおかしくないと言われています。

関西のドンと言われ、実業家を目指す若者から絶大な人気を誇る春木さん。

こんなに稼げていたら働かなくても生きていけそうですが、とにかくチャレンジャーなので、まだまだこれからいろいろな事業を展開していきそうですよね。

春木開のスワロフスキーが好き?

春木さんは、起業して初めての共同経営でネイルサロンを立ち上げ売り上げを伸ばした後、飾り付け繋がりでスワロフスキーショップ『Radiant』を全国に10店舗ほど展開させました。

また春木さん自身もキラキラしたものが好きなようで、自宅にスワロフスキーでデコられたものをいくつも置かれていて、Instagramにアップされています。

男女問わず、キラキラしたスワロフスキーは憧れですよね。

春木開と進撃のノアとの関係

春木さんは、『エンリケさん』『愛沢えみりさん』『門りょうさん』など、多くの有名なキャバ嬢と交流があります。

中でも、大阪の北新地にある「CLUB NILS(クラブニルス)」のNo.1キャバ嬢『進撃のノアさん』と仲が良く、たびたびInstagramにツーショットの写真がアップされています。

そんな春木さんと進撃のノアさんが、兄弟ではないかという噂が流れたことがあります。

①「兄貴」「妹」と呼んでいる

Instagramでの仲の良さそうな写真をアップしたり、春木さんが進撃のノアさんを「妹」と呼んだり、進撃のノアさんが春木さんを「兄貴」と呼んでいたことや、2人の顔の表情がとても似ているので噂になったようです。

②春木さん主催のパーティーに何度も参加している

進撃のノアさんは、これまで何度も春木さんが主催するパーティーに参加しています。

お客さんとしていつもお店に来てくれている春木さんの主催パーティーに、自分がお客さんとして参加したりと、お互いに協力し合える関係だというのが伺えます。

そんな2人ですが実際には血縁関係はなく、兄弟ではないそうです。

恋人にも見えるし、兄妹にも見えるような関係ですが、お互いに気が合い、信頼できているからこその仲の良さなんでしょうね。

まとめ

パッと見たときの派手な見た目からは想像がつかない、辛かった小さい頃の経験を生かし、「経営者になってお金を稼ぎたい」という一心で、ひたすら努力を続けて大成功された春木開さん。

目標を達成するため必死に勉強し、人脈を生かし、起業・経営し、たくさんの事業を展開されていますね。

すでに多くの資産を手に入れるも、アグレッシブにいろいろなことに挑戦されていて、その前向きな姿勢は見習いたいところですよね。

これからも春木開さんの活躍から目が離せませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました