• ホーム
  • 海外医薬品を輸入するメリット

海外医薬品を輸入するメリット

血圧を測定する医者

薬のなかにはジェネリック医薬品があり、通常の薬より安く購入できるというメリットがあります。
日本では購入できないけれども、海外では購入できるという薬もあります。

ラシックスという薬があります。
これはむくみの原因となる水分を除去するための利尿剤です。
ところでなぜむくみはおきるのでしょうか。
運動不足、睡眠不足、偏った食生活、ストレスなどがおもな原因です。
また長時間座ったまま、立ちっぱなしという長時間同じ姿勢で仕事をしている人にもでやすいです。

血液中にある老廃物や余分な水分を体外に排出する器官として腎臓があります。
よぶんな水分はむくみの原因にしかならないので尿として排泄されたほうがいいのですが、うまく腎臓が機能していない場合があります。
ラシックスには利尿作用があるため、余分な水分を排出してむくみを解消します。

さてラシックスや国内で販売されていないジェネリックを購入するときには、個人輸入という方法があります。
個人輸入とは販売目的ではない購入した個人のみが使用するという条件で輸入することです。
輸入といえば、なにか難しい手続きが必要そうに感じますが、そんなことはありません。
個人輸入代行サイトのようなものもあり、その国の言葉がわからなくても別に問題はありません。
国内通販サイト同様に商品をカートに入れて購入手続きをするだけです。

海外医薬品を輸入するメリットはなんといっても、国内で通常購入するよりも安い価格で購入できることです。
インターネットが普及した今、海外から個人レベルで薬を輸入することが可能です。
通販サイトと同じように薬を格安で購入できるだけでなく、忙しくて病院にいけない、病気によっては病院に出入りしている所を人に見られたくないという人でも通販なら簡単にできてしまうのです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧