• ホーム
  • 医療機関と海外医薬品の違いとは

医療機関と海外医薬品の違いとは

薬のケースと葉

医療機関で病気の治療のために薬を必要とする場合、医者が処方箋をだして、これを薬局にもっていくと薬をもらうことができます。
またかぜなどでは病院にいくまでもない場合、市販されている薬を買うこともできます。
薬には医者の処方箋が必要なものとそうでないものがあるのです。

では薬を通販で購入することはできるのでしょうか。
基本的には対面販売が原則となっています。
処方箋が必要な薬は国内では通販では販売できません。
ただ通販サイトでの販売の一律禁止がされているわけではありません。

日本ではまだ認可されていないけれども海外では有効性が認められ、使用されている薬があります。
このようなものを購入することはできるのでしょうか。
国から許可をとることなく薬を販売することは違法なのですが、個人輸入という方法があります。
これは購入者個人のみによる使用に限定し、販売目的で輸入するものとは異なります。
そして医薬品の場合、1ヶ月分以内であれば個人輸入が認められています。
個人的な使用が目的ですから、その薬を転売するのはもちろんのこと、他人に無料で譲渡することもできません。

高血圧やむくみがひどいことで病院で検査を受けるとフロセミドという利尿剤を処方されることがあります。
ジェネリックとしてラシックスがあります。
ほんとうは病院で診察をうけるほうがいいのかもしれませんが、通院時間、待ち時間、さらに通院費がかかります。
ラシックスを通販で購入できないのでしょうか。

ラシックスは安く購入できるのが魅力なのですが、それだけでなく個人輸入で購入することができるのです。
個人輸入といっても難しいことをするわけではありません。
代行業者があるのでそこを通して海外の会社から購入することができるのです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧