• ホーム
  • ラシックスで改善される浮腫みの原因と種類

ラシックスで改善される浮腫みの原因と種類

女性多いお悩みの1つ、体の浮腫み。
浮腫みと一言で言っても、手足だけでなく全身浮腫んで困っている。
そんなお話も聞くことがあります。
最近ではラシックスという浮腫みに効果の高いお薬が、個人で入手出来るようになってきています。
ラシックスとは「ループ利尿薬」の1つになります。
一般的な浮腫みの原因の1つとして、ナトリウム濃度が高まった事によって水が溜まってしまった状態になった事に起因します。
ナトリウムというと難しい様ですが、要するに塩の事になります。
体調不良の場合も有りますが、水分と塩分を必要以上に摂取しすぎた結果浮腫みが生まれます。
ですから利尿薬を使うことで体から水分を強制的に排出し、体の浮腫みを解消できるという訳です。

ラシックスを使って浮腫みを解消することは、決して悪い事では無いのです。
しかし、時と場合によっては浮腫みは大変危険な病気の兆候である可能性も否めません。
ラシックスを頻繁に利用しないとならない状態になった場合、単なる塩と水の過剰摂取だけでなく別の原因を探る必要が出てきます。

浮腫みの原因には、幾つかの種類があり。
先ほどから何度も書いている食事によるもの。
そして、心性浮腫という種類、肝性浮腫という種類、腎性浮腫種類の3つが挙げられます。
腎性浮腫の場合、ネフローゼ症候群と腎不全による物の可能性に分類されます。
全て文字通り、心臓、腎臓、肝臓の機能悪化によって正常な状態に保てなくなった結果浮腫みが生じます。
その場合は、素人判断でラシックスによって改善を繰り返すことは危険に繋がります。
薬そのものが悪い訳ではなく症状を和らげてしまう為、体の異常を感じるなくなり病気の発見が遅れます。
結果、病気がかなり悪化するまで気が付かないという状況に陥る可能性があるのです。
長期にわたり、ラシックスを服用し続けなければならない状態にあるようなら、念のため医師の診断を受ける事をお勧めします。

関連記事